rssicon.png RSS

2008年01月18日

鏡音さんとボイストレーニング1

まずは制作話から…
鏡音リン・レンの特徴とかおいしいところがいまいちつかめなかったのでボイトレしてもらいました。
そしたらマジで少年少女声。しかも性格までそれぞれ少年少女っぽくちゃんと別れてる。リンの方がなにもかも丁寧なのですがレンの方が反応の仕方も声もちょっと荒っぽくて素直じゃないw一緒に歌う時だけ特徴の違いがよくわかるようにGENパラメータ値に気をつけないといけないということもわかりリンのソロを聞いてたらとかちの片鱗が伺えて口ぽっかりあけちゃって唖然としてました。ハミングだけでですよw
リン・レンの一番悩ましいのが倍音成分が強いということ。高音域でノイズみたいにビービーいってるのがそうなんですが音圧上げると耳に突き刺さるほどなんですよ。でもそのおかげでアタック感があって初音さんと違う使い方ができるのですけど。
こういうところが人間のボーカルっぽくて怖いほどなんですが対処方法を書いておくと変にVOCALOIDのパラメータでいじろうとしないで音声編集ツールとかのEQかDeEsser(ディエッサー)で調整した方が遥かに良いですよ。って生身のボーカルと扱いが同じなだけですね。

それでは内容の説明。
初音さんの時と同じ伴奏のハミングです。リンパート、レンパート共に同じ音程で歌ってます。
鏡音さんの調教の仕方で困っている人はそれぞれソロパートを聞くと参考になります。
一緒にボイトレする人は口にピンポン玉があるようにあごを開きのどを開いて練習しましょう。腹式呼吸ができてないと高音がでなかったりします。自分でコンディションを見る一つの指標としても使えます。





この記事へのコメント
待ってました!!!
ありがとうございます!
ミクのほうは毎日ちゃんとやってますよ(●´`●)
もちろんミクと一緒に(脳内)
Posted by どら at 2009年02月24日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9689950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック